SHIROYAMAの家 扉の向こう側に、暮らしてみたい家がある。
新着情報 完成現場見学会 新着情報 施工例 会社概要 完成までの流れ 施工例一覧 リフォーム例 HOME
完成までの流れ
1.地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)
 SHIROYAMAの家では地盤調査を必ず行います スウェーデン式サウンディング試験で敷地の建物が建つ場所
 を5ヶ所行います。 その報告書を(財)住宅保証機構に提出、1部はお客様にもお渡しします。
 
2.現場審査(配筋検査)
 財団法人 住宅保証機構
 (財)愛知県建築住宅センターより、担当検査員がベタ基礎コンクリート打ち前に鉄筋の配筋
 を現場にて審査します。その審査に合格すると、ベタ基礎の耐圧版コンクリート打ち、立上り
 コンクリート打ちと進んでいきます。
 ※コンクリート打ちをすると、目視できなくなります。
現場審査実施済証明書
拡大
 
3.現場審査(中間検査)
 (財)愛知県建築住宅センターより、担当員が防蟻工事、屋根工事、筋交
 の位置、通し柱、金物等がきちっと入っているかということを、現場にて審
 査します。その審査合格後、床張り、天井張り等の工事を行います。
 ※床、天井、壁等仕上工事をすると、目視できなくなります。
現場審査実施済証明書
拡大
中間検査合格証
拡大
 
4.現場審査(完了検査)
 (財)愛知県建築住宅センターより、担当員が建築確認申請どおりの建物か現場にて
 審査します。審査に合格して「合格済証」をいただき、お客様に建築確認申請の副本と
 一緒にお渡しします。
検査済証
拡大
 
保険付保証書の発行(まもりすまい保険)
 これまでも「住宅品質確保法」と言う法律がありましたが、消費者保護を強化した「特定住宅瑕疵担保責任の
 履行の確保等に関する法律」が平成21年10月1日から施行されました。


 新しい法律に基づく保険として誕生した「住宅瑕疵担保責任保険(まもりすま
 い保険)」は弊社と(財)住宅保証機構の間で締結し、瑕疵担保責任の履行
 の支援・確保を行います。
 お客様から依頼のあった瑕疵による補修対応はもちろんのこと、万が一、倒
 産などにより弊社が瑕疵を補修できなくなったとしても、必要な費用(保険金)
 がお客様へ支払われますので、これまで以上に安心して新生活を始めてい
 ただくことができます。

住宅かし保険

 【対象物件】新築住宅
 住宅品質確保法での「人の住居の用に供する家屋又は家屋の部分」を言います。(戸建住宅や分譲マンショ
 ン、賃貸住宅も対象となります)。事務所・倉庫・物置・車庫は「住宅」ではないので対象となりません。
 中古住宅はキズや劣化が建築当初のものか、居住者の使用によるものか、の判断ができませんので対象と
 なりません。
 【期間】新築住宅の引渡しから10年間

 ※新しい法律や制度について詳しくは(財)住宅保証機構のHPをご参照下
 さい。「(財)住宅保証機構」は、国土交通省大臣が指定する住宅瑕疵担保
 責任法人です。
まもりす

 
6.完成・引渡し

このページの上へ